チェンソー.com

チェーンソーのお手入れ(メンテナンス)方法

チェーンソー(チェンソー)のイメージ

日頃からお手入れすることによって、末永くチェーンソーを使うことが出来るようになり、トラブルも未然に防ぐ事ができます。


こちらのページでは、一般的なチェンソーのメンテナンス方法についてご案内させて頂きます。



エンジン周りの手入れ方法

チェーンソーのエンジンは、放熱が上手くいかないとエンジンの内部が焼き付いてしまいます。
そのため、定期的なメンテナンスをお勧めしております。


【ステップ1】
上部のカバーをはずし、エンジン冷却通路・エンジン周りにこびり付いてしまったゴミをドライバーやブラシで落とします。


【ステップ2】
冷却通路をダストスプレーで細かな木屑を吹き飛ばしてください。


【ステップ3】
カバーを戻し、清掃完了です。


刃の交換方法

刃が目立てで擦り減った場合、替刃の交換をお願いします。
目安は、刃が5mm程度になったら交換時期となります。


刃の交換方法

【ステップ1】
チェーンを緩め、新たなチェーンと交換します。
チェーンには向きがありますので、ご注意ください。


【ステップ2】
チェーンが緩んでいる状態で一度カバーを借り止めしバーを少し持ち上げながらチェーンの張りの調整を行います。


【ステップ3】
借り止めしていたカバーをきちんと閉め、
エンジンをかけ正常に作動することを確認して完了になります。


→「替刃(ソーチェン)」はこちらからお求めいただけます。


エアクリーナエレメントのメンテナンス方法

エアーフィルターに汚れが付着していると出力が、低下してしまいます。
また、エアーフィルターが破損しているとエンジン内部にゴミが吸い込まれてしまい故障の原因になります。面倒ですが、エアクリーナーは、常に清掃を心掛けてください。


エアクリーナエレメントのメンテナンス方法

【ステップ1】
上部カバーをはずしエアクリーナエレメントをケースごと取り外します。


【ステップ2】
清掃の場合
エアークリーナエレメントを洗剤を混ぜ、ぬるま湯で優しく洗い、乾かします。
汚れが少ない場合はゴミをはたきおとすだけでも十分です


【ステップ3】
エアークリーナエレメントを本体に戻す前に本体の内部(エアークリーナエレメント周り)をダストスプレーなどでゴミを飛ばしてから戻すようにしてください。





お問い合わせ

チェーンソー(チェンソー)のことならお任せください。お問合せやお見積につきましては、お電話 又は お問合せフォームにて承っております。
まずは今すぐ、「ウェブサイトを見た」とご連絡くださいませ。

お問い合わせ
お電話でのお見積り、ご相談はこちら